BLOG Take it easy

初めまして♪秋田県、由利本荘市在住。 由利本荘、秋田県の情報をメインに地域の魅力を発信したり、旅行サイトやお宿情報、日々の事を書いたりしているブログです♪

【Bリーグ】今週のハピネッツ(3月29日〜4月5日)

 

f:id:route108uemura:20190110054945j:plain

 

B.LEAGUE

[秋田ノーザンハピネッツ]

 

今週のハピネッツ

3月30日(土) 対 アルバルク東京

[AWAY]

秋 田69  -  84東 京 [LOSE]

f:id:route108uemura:20190405165754j:plain

⬜︎秋田ポイントリーダーTOP5

  1. ◉ドワイト・コールビー  PT/23 FG%/64.7%
  2. ◉カディーム・コールビー PT/19 FG%/69.2%
  3. ◉中山 拓哉       PT/10 FG%/50.0%
  4. ◉白濱 僚祐       PT/9   FG%/33.3%
  5. ◉保岡 龍斗       PT/3   FG%/20.0%

◉スタメン 

試合展開

残りの試合数が限られてくる中、アウルバルク東京のホームに乗り込んでの初戦。立ち上がりA東京両チームの激しいプレッシャーの応戦。コールビー兄弟の活躍でインサイドを攻めながら、良い流れを掴む秋田。5点をリードし第1クォーター終了。

2クォーター両チーム走り合いの展開で、試合の流れが一気に速くなる。

シュートタッチの良い秋田は点差を縮めさせない。終盤秋田は、オンザコートワンになり高さで劣る展開に。A東京はFG%が伸びない事もあり、高さで有利な展開で、大きく差を縮める事が出来きない。秋田は、終了間際A東京に4点プレイを決められ、前半戦3点リードで終了。

3クォーターA東京が流れを掴み、ついに逆転。

その中でも、攻守にわたりコールビーの活躍がみられるが、A東京のアウトサイドが決まり始め、A東京がリードを広げる。

4クォーターA東京のファストブレイクが決まる中、カディームのミドルからのシュートで食らいつく秋田だったが、オフェンスオプションが限られている秋田は、徐々にターンオーバーとファウルが増えていく。その後差を縮める事が出来す敗退。 

 

3月31日(日) 対 アルバルク東京

[AWAY]

秋 田63  -  79東 京 [LOSE]

f:id:route108uemura:20190405165835j:plain

⬜︎秋田ポイントリーダーTOP5

  1. ◉ジャスティン・キーナン PT/30 FG%/61.1%
  2. ◉カディーム・コールビー PT/13 FG%/54.5%
  3. ◉白濱 僚祐       PT/8 FG%/30.0%
  4.  保岡 龍斗       PT/6 FG%/28.6%
  5. ◉野本 建吾       PT/4 FG%/66.7%

◉スタメン

 

試合展開

アルバルク東京のホームに乗り込んでの2戦目。1クォーター昨日の試合と同様に、激しいディフェンスで流れを掴もうとする両チーム。その中、中山選手がファウル2つでベンチへ。一進一退の攻防の中、秋田は保岡選手のディープスリーが成功。秋田は、A東京の激しいディフェンスに苦しみ、シュートクロックギリギリまで、打てない場面が見られた。A東京のリードでスタートした、第2クォーター。

秋田は、A東京のファストブレイクなど、スピードに付いていけない場面も。徐々にA東京がリードを広げ始める。その中、カディーム選手は攻守にわたり、インサイドで存在感を放つ。A東京が10点差で折り返す。後半、中山選手がベンチから戻り、オフェンスのペースを上げ始める。

ジリジリと秋田が点差を詰め、追い上げる。

残り4分を切った所で、秋田がキーナン選手のフェードアウェイシュートでついに逆転。波に乗りたい秋田だったが、その後A東京がファストブレイクなどで、逆転し再びリードを広げる。第4クォーター開始すぐに、ファウルトラブルの中山選手が5ファウルアウト。残り5分前後の所で、秋田は4点差に詰めるが、長谷川が5ファウルアウト。

A東京はアウトサイドが決まり始め、再度点差を広げる。ファウルトラブルが続く秋田は、追い上げも虚しく、アウェイとはいえ、シーズン終盤に痛い2連敗。

頑張れ!ハピネッツ! 

 

4月3日(水) 対 千葉ジェッツ

[HOME]

秋 田83  -  85千 葉 [LOSE]

 

f:id:route108uemura:20190405165908j:plain

⬜︎秋田ポイントリーダーTOP5

  1. ◉ジャスティン・キーナン PT/44 FG%/51.9%
  2. ◉白濱 僚祐       PT/14 FG%/45.5%
  3. ◉ドワイト・コールビー  PT/13 FG%/50.0%
  4. ◉野本 建吾       PT/10 FG%/50.0%
  5. ◉成田 正弘       PT/2 FG%/16.7%

◉スタメン

 

試合展開

ホームに千葉ジェッツを迎えての試合。

第1クォーター、富樫に成田がマッチアップ。激しいディフェンスで富樫に食らいついていく。白浜選手のシュートタッチが好調。激しいディフェンスからの、ファストブレイクで、秋田が6点リードまで点差を広げる。

千葉はピックアンドロールでミスマッチを突いて、インサイドのミドル付近から、アウトサイドへのキックアウトで、3ポイントを狙う場面が見られたが、シュート成功率が上がらず。第1クォーター終了間際で、白浜選手のシュートが成功。今日も絶好調♪

2クォーターに入っても秋田の好調は止まらず、10点差まで広げる。

激しいディフェンスをかける中、両チームともファウルがかさんでいく。

キーナン選手のアウトサイドが好調。

10点差で後半の第3クォーター開始。流れに乗る秋田は、徐々に千葉のファウルトラブルを誘発していく。

ベンチから入った、野本選手がリバウンド、ファストブレイクなどで、秋田に流れを呼び込む。16点差をつけたところで、秋田県立体育館のボルテージは最高潮に。

残り5分前後の所で、千葉はディフェンスをゾーンに変更。その後ジリジリと千葉が点差を追い上げる。キーナン選手が絶好調。

最終クォーター4点差でスタート。白浜選手の3ポイントが連続成功。

キーナン選手も40得点にのせる。この試合は、秋田の全選手が勝ちたいという気持ちが伝わる試合だった♪

残り3分を切った所で、ドワイト選手が残念なことに5ファウルアウト。

結果は85-83で敗退。キーナン選手が44ポイントという驚異的な得点を見せるも惜敗でした😓勝ちたかった・・・。勝たせたかった・・・。残念😓

次もホームで2連戦!もう勝つしかない!バモス!ハピネッツ! 

 

東地区順位表

  1. 千葉ジェッツ      勝/45 負/8   勝率/849 差/--
  2. 栃木ブレックス     勝/43 負/10 勝率/811 差/2
  3. アルバルク東京     勝/40 負/13 勝率/755 差/3
  4. サンロッカーズ     勝/25 負/28 勝率/472 差/15
  5. 秋田ノーザンハピネッツ 勝/15 負/38 勝率/283 差/10
  6. レバンガ北海道     勝/10 負/43 勝率/189 差/5 

[参考にさせて頂いているメディア/Weekly Happinets 毎週木曜18:30〜]

www.fm-akita.co.jp

 

次節のホームゲーム

2019年4月6日(土) 対 サンロッカーズ渋谷

[会場:秋田県立体育館]開始時刻14:05

 チケット[B.LEAGUE TICKET

2019年4月7日(日) 対 サンロッカーズ渋谷

[会場:秋田県立体育館]開始時刻14:05

チケット[B.LEAGUE TICKET

[ ハピネッツHP ]

northern-happinets.com

 

次節のホームゲーム会場詳細

秋田県立体育館(秋田市) 

秋田県秋田市八橋運動公園1-12

TEL018-862-3782  FAX018-862-5801

[会場ホームページ]

[ MAP ]

新がっかりキャラ

今週は3連敗でした・・。勝たせたかったなぁ・・。シーズンも残りわずか!

頑張れ!ハピネッツ!バモス!ハピネッツ♪